1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 電子透かしで出席管理を自動化?立命館大で実証実験?

電子透かしで出席管理を自動化?立命館大で実証実験?

立命館大学は、NTTと共同で電子透かし技術を用いた学生証による、大学講義の出席管理に関する実証実験を4月11日から開始するそうです。

電子透かし入り学生証を用いた出席管理、立命館大で実験(CNET Japan)

 実験は立命館大学大学院理工学研究科の講義「システムLSI設計特論1」で行う。顔写真の部分に電子透かし情報を埋め込んだ学生証を受講者に配布し、これを講義開講時および閉講時に、教室入り口に設置した電子透かしリーダにかざすことで、出席管理を自動的に行う仕組みだ。

電子透かしとは、デジタルデータに対して一見すると識別することのできないデータを埋め込むことをいいます。今回、NTTが開発した電子透かし技術は、電子画像でも紙面に印刷した画像でも、埋め込んだ“透かし”を読み取ることが可能な点が特長で、今回の実験で作成する電子透かし入り学生証は、通常のプリンタや用紙で印刷できるため、発行コストを低く抑えることができるとのこと。

今回の実験では、学生証に添付されている本人の顔写真などの画像に、本人を特定するID情報を埋め込み、学生証を電子透かしリーダにかざすことで、埋め込まれたIDを検出、そのID情報をもとに講義の出席情報を電子化する仕組み。

他人は簡単に電子透かし情報を埋め込むことも、読み取ることもできないため、いわゆる「代返」(「なりすまし」ですね笑)の防止、出席管理の自動化の有効性や職員の業務効率性向上、出席情報のリアルタイム可視化などを、実験を通じて検証していくそうです。

電子透かし技術の実用性が検証されれば、今後、より「なりすまし」しにくい認証システム、安全で効率的な入退室管理システムへの応用ということが期待できるかも知れませんね。

<参考>
プレスリリース(NTTのホームページ)

  • エクスプロイトコードとは
  • カテゴリートップへ
  • 「WEP」暗号が60秒で破られるとの研究論文が発表