1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 「Firefox 6」「Thunderbird 6」がリリース

「Firefox 6」「Thunderbird 6」がリリース

Mozillaは8月16日(米国時間)、Webブラウザー「Firefox」の最新版である「6.0」と「3.6.20」を公開した(現在の最新版は「6.0.1」「3.6.21」)。

「Firefox 6」は、Firefox 4と5のセキュリティアップデート版を兼ねている(Firefox 4と5のバージョンアップはリリースされていない)。最新版は深刻な脆弱性を解消しており、旧バージョンを利用しているユーザーは早急に最新版へのアップデートが推奨される。対応OSはWindows、Mac OS X、Linuxの各OSのほか、Android向けのFirefox 6もリリースされている。

また、3.6系の最新版である「Firefox 3.6.20」もリリースされている。こちらも複数の脆弱性が修正されている。

最新版は、自動更新機能を通じて配布されているほか、「ヘルプ」メニューから「ソフトウェアの更新を確認」を選択することにより手動で更新することも可能だ(現在の最新版は「6.0.1」「3.6.21」)。

なお、メールソフト「Thunderbird 6.0」「同3.1.12」も公開されているので、こちらも最新版へアップデートするのが望ましい。(現在の最新版は「6.0.1」「3.1.13」)。

Firefox 6.0.1 リリースノート
Firefox 3.6.21 リリースノート
Thunderbird 6.0.1 リリースノート
Thunderbird 3.1.13 リリースノート
深刻な脆弱性を修正した「Firefox 6/3.6.20」「Thunderbird 6/3.1.12」公開(so-netセキュリティ通信)
Mozilla、「Firefox 6」の正式版をリリース Android版はタブレットに最適化(ITmedia)

関連キーワード:

Android

Firefox

Thunderbird

  • セキュリティ虫めがね 第4回 社会人として知っておくべきソーシャルメディアのリスクと賢い活用術
  • カテゴリートップへ
  • ファジング(fuzzing)とは