1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 「第7回IPA情報セキュリティ標語・ポスターコンクール」受賞作品が決定

「第7回IPA情報セキュリティ標語・ポスターコンクール」受賞作品が決定

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、10月17日、「第7回IPA情報セキュリティ標語・ポスターコンクール」の受賞作品を発表した。

これは、情報セキュリティに関する様々な脅威に対し、特に若年層の「情報セキュリティ対策」の意識を高める目的で、毎年全国の小・中・高・高専生から作品を募集しているもの。第7回となった今年は学校賞を新設し、本コンクールをきっかけとした学校内における情報モラル教育の取り組みを取り上げた。また、特別枠として4コマ漫画の募集を行い、専門用語が多く難しく捉えられがちな情報セキュリティの必要性を、わかりやすく伝える取り組みも行っている。

7月1日から9月9日までの募集期間内に、標語10,353点、ポスター950点、4コマ漫画109点の応募があった。審査の結果、大賞以下、入選作品を合わせ標語・ポスター部門各25点、4コマ漫画3点、合計53点と学校賞3校が選定された。

標語部門は小学生の部から「セキュリティ ぼくと世界の かけ橋だ」を、ポスター部門は中学生の部から「ネットで世界と人と気持ちもつながっている」がそれぞれ大賞として選出された。53点全ての入選作品は以下のURLで確認することができる。

第7回IPA情報セキュリティ標語・ポスターコンクール 受賞作品決定(IPA)
情報セキュリティ 標語・ポスターコンクール:受賞作品(IPA)

  • BIOS(バイオス)とは
  • カテゴリートップへ
  • 第3回 IT大喜利コンテスト【大復活祭】・結果発表!