1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. Androidを標的にしたマルウェアが急増〜2011年第3四半期のセキュリティ動向

Androidを標的にしたマルウェアが急増〜2011年第3四半期のセキュリティ動向

セキュリティ対策企業のマカフィー社は、11月21日、2011年第3四半期(7月〜9月)のセキュリティ動向報告書を公開した。この中で、Androidを搭載したモバイル端末を標的としたマルウェアの増加傾向について注意を促している。

記事によると、2011年7〜9月期にAndroidを狙ったマルウェアは前期比で約37%増加し、この時期に新たに出現したマルウェアは、全てAndroidを標的にしたものだった。特に、個人情報を詐取するトロイの木馬型マルウェアや、通話の内容を録音して攻撃者に送信するマルウェアが多数を占めていたという。

なお、スパムメールの流通量は2007年以来最低のレベルに減少しているが、一方で、特定の組織や個人を標的にする標的型攻撃を仕掛けるスパムは高度化、巧妙化の傾向を強め、さらに危険度が増したと警鐘を鳴らしている。

(英文)マカフィー社のレポート
Androidがマルウェアの最大の標的に――McAfeeのセキュリティ動向報告書(ITmedia)

関連キーワード:

Android

  • icat(アイキャット)とは
  • カテゴリートップへ
  • セキュリティブログが「第5回 企業ウェブ・グランプリ」で「優秀サイト」として表彰されました!