1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 「Internet Explorer」2012年より自動アップグレードを開始

「Internet Explorer」2012年より自動アップグレードを開始

マイクロソフトは、ブログの中で、「Internet Explorer」(IE)の自動アップグレードを予定していることを発表した。当初は、オーストラリアとブラジルを対象に行われる。これにより、ユーザーが何をしなくても最新版のIEがインストールされるようになるという。

記事によると、IE6やIE7を使っているWindows XPではIE8が、IE9よりも古いバージョンを利用しているWindows Vista/7ではIE9がインストールされる。ユーザーに対してIEをアップグレードする旨の確認ダイアログが表示されることはなく、Windows Updateを実施すると自動的にアップグレードが実施されるということだ。

ただし、すでに一度IE8やIE9へのアップグレードを拒否しているユーザーに対して自動アップグレードは実施されず、またアンインストールしてOSのデフォルトバージョンのブラウザを使い続けることもできる。また、アップグレードしたくないユーザーには同機能を無効にするツールも提供される予定だ。

対象地域については、今後、状況を見ながら他の国や地域でも同様のサービスを開始する予定だ。

(英文)マイクロソフトのブログによる発表
「最新版のIEを自動的にインストール」、マイクロソフトが2012年に開始(PCオンライン)
Microsoft、IEを自動アップグレードへ(マイナビニュース)

関連キーワード:

Internet Explorer

  • Androidマーケットでウィルス混入の"無料版"アプリが公開される
  • カテゴリートップへ
  • ペネトレーションテスト(侵入テスト)とは