1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. Googleのサービスを悪用したスパムの増加に注意

Googleのサービスを悪用したスパムの増加に注意

英国のセキュリティ企業メッセージラボ社が7月のスパム動向リポートで発表したところによると、Googleのサービスを悪用したスパムが増加しているとして注意を呼びかけています。

Google悪用のスパムに警戒を――MessageLabsが指摘(ITmedia)

7月はGoogleのWebサイト構築サービス「Google Sites」を悪用してマルウェアをホスティングする手口が増加。スパマーは、Google Sitesで作成したページのリンクを記載したスパムメールをユーザーに送り付け、リンクをクリックするように促す。

スパムメール本文に記載されたURLは無作為な英数字で生成しているため、シグネチャ(既知の不正アクセスを検出するためのパターンデータ)を利用するスパムフィルターでは検出やブロックが困難になるということです。

こうした背景には、Googleがアカウント作成の際に用いる認証方式「CAPTCHA」を突破する技術が登場したことで、手口が容易化したと記事は指摘。

悪用されたGoogleサービスは、Google Sitesの他にGoogle DocumentsやGoogle Pages、Google Calendarなどがあるとのこと。記事では、今回の手口が今後数ヵ月の間に増加する可能性があるとして警戒を呼びかけています。

<当ブログ内の参考記事>
認証方式「CAPTCHA」が破られGmailから発信されたスパムが倍増との報道

  • ISOG-Jとは
  • カテゴリートップへ
  • クリップボードを乗っ取り不正サイトに誘導する手口