1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. IPAへのワンクリック詐欺の相談件数が3ヵ月連続で過去最多を更新

IPAへのワンクリック詐欺の相談件数が3ヵ月連続で過去最多を更新

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)に寄せられたワンクリック料金請求(ワンクリック詐欺)に関する相談件数が、2008年8月の1ヵ月間で545件と過去最多を更新し、IPAでは注意を呼びかけています。

「相談件数は過去最悪」、IPAがワンクリック不正請求に注意喚起(ITPro)

IPAへの情報セキュリティに関する届け出・相談状況によると、ワンクリック詐欺の相談件数は、2008年6月には372件、7月は457件、8月は545件と3ヵ月連続で過去最悪の記録を更新しています。

IPAによると、従来のワンクリック詐欺はアダルトサイト閲覧者の問題と認知されていたものの、被害の裾野が広がってきている点を指摘しています。

最近は芸能人情報ブログやゲーム攻略法サイト、アニメ情報サイトといった一般サイトを装ったものが登場しており、老若男女の関係なく一般の利用者もいつ被害に遭うか分からない状況だ。

被害に遭わないための対策として、記事では、(1)アダルトサイトに行かない、(2)芸能人情報やゲーム攻略法サイトなどからアダルトサイトに飛んでしまった場合も、興味本位でクリックしない、(3)請求書がPC画面に表示された場合、PCを再起動しても請求書が再表示されるかを確認する、の3点を挙げています。

PC再起動後も請求書が表示される場合は、システム復元機能によるシステム正常化、初期化などの処置が必要です。

ワンクリック詐欺は手口が高度化、巧妙化しており、相手に後ろめたい心理を植え付けるツークリック詐欺のような手口や、PCの脆弱性を悪用し、悪意のWebサイトにアクセスするだけで詐欺被害に遭う手口などが確認されています。

PCのセキュリティ状態を常に最新に保ち、架空の請求に遭遇した場合は、不用意に何度もクリックしたり個人情報を入力しないことが大切です。また、請求に対して料金を支払ったり、相手に連絡したりしないことも大事です。

<当ブログ内の関連記事>
IPAがワンクリック詐欺の相談件数増加に注意喚起

  • USBメモリに感染するウイルスの発生が増加
  • カテゴリートップへ
  • DIAMETERとは