1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 米大統領選やグルジア紛争などに便乗したスパムが増加

米大統領選やグルジア紛争などに便乗したスパムが増加

セキュリティ対策企業のシマンテック社が発表した8月の月例スパムリポートによると、8月は米大統領選やグルジア紛争などに便乗したスパムが広まり、メールの添付ファイルでマルウエアを感染させる手口が増加しているとして注意喚起しています。

偽のニュースやフィッシングでユーザーを勧誘、シマンテックの報告書(ITmedia)

記事によると、8月は、全電子メールの80%をスパムが占めました。スパム全体のうち、ネット上で提供されている実在の商品やサービスに関連するものは27%で、これは6月の調査に比べて9%増加しました。

悪意のファイルが添付されたスパムは、全スパムの10%を占め、依然として顕著な傾向を示していると記事では指摘しています。

8月に出回ったスパムでは、米大統領選やグルジア紛争などに便乗して、偽のニュースタイトルでユーザーの気を引く手口や、Microsoftからの通知を装い、Internet Explorer 7の最新版をダウンロードするように促す手口が登場。Microsoftを騙った手口は、実際にはトロイの木馬「trojan.blueso」がダウンロードされる仕掛けで、同社では200万件以上の警告メッセージをユーザーに発したという。

このような社会的な信用のある企業や組織を騙ってマルウエアが添付されたスパムを送信する手口としては他にも、金融機関からのメールを装い、「詐欺や個人情報の盗難に対する新しいセキュリティ対策を紹介します」との文面で、セキュリティ対策ソフトに見せかけた実行形式のファイルをインストールするように促す手口について報じられています。

こうしたマルウエアは個人情報詐取に悪用されており、記事では、スパムとマルウエア、スパムとフィッシングを組み合わせた新たな攻撃の手法だと分析しています。

関連キーワード:

Internet Explorer

  • ビッシングの手口の巧妙化に注意喚起
  • カテゴリートップへ
  • EMAとは