1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 正規の対策ソフトを騙り不正プログラムをダウンロードさせる手口が登場

正規の対策ソフトを騙り不正プログラムをダウンロードさせる手口が登場

ウイルス対策ソフトの購入を装い、マルウエアのサイトに誘導したり、クレジット番号などの個人情報を詐取しようとする不正プログラムが問題となっています。英国のセキュリティ企業ソフォス社の研究者がブログで伝えたところによると、今度はセキュリティ対策企業のシマンテック社を騙る手口が出現したとして注意を呼びかけています。

Nortonをかたる偽ソフト、正規ブランドを悪用する新たな手口(ITmedia)

記事によると、「Free Norton AntiVirus 08」なる広告をクリックすると、マルウエアのダウンロードサイトに繋がるというものです。

Googleで「free antivirus」と検索したところ、「Free Norton AntiVirus 08」を宣伝する怪しい広告が表示された。「無料キャンペーンは今日限り」とうたい、ユーザーへダウンロードを呼びかける内容となっていた。

広告に従いリンクをクリックすると、シマンテックの偽のウイルス対策ソフトウエアの宣伝サイトにつながり、トロイの木馬がインストールされるということです。また、偽のセキュリティ警告に促されて「完全版」を購入すると、金銭をだまし取られたり、コンピュータが危険にさらされたりする可能性があるとのこと。

正規のブランドや製品名を騙る手口が出現し、偽のセキュリティソフトを用いてユーザーに悪質なソフトウエアを売り付けようとする手口はますます巧妙化しています。

  • 不正プログラムの配布に最も利用されやすい米国セレブランキング
  • カテゴリートップへ
  • 「ユミコのセキュリンピック」にご応募いただきありがとうございました!