1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. AKB48「選抜総選挙」を悪用したAndroidマルウェアに注意喚起

AKB48「選抜総選挙」を悪用したAndroidマルウェアに注意喚起

AKB48「選抜総選挙」を悪用したAndroidマルウェアに注意喚起セキュリティ対策企業のシマンテック社は、ブログの中で、6/6(水)に開催されたアイドルグループ「AKB48」の選抜総選挙を悪用したAndroid向けのマルウェアが出現したとして注意を呼びかけた。

掲載された情報によると、同マルウェアはAKB48のファン向けニュースアプリに埋め込まれていた「Android.Kabstamper」というトロイの木馬である。アプリは公式のアプリ流通サイト「Google Play」以外のサードパーティーのアプリマーケットで配布されていたもので、感染すると端末に保存されている画像がすべて別の画像に重ね書きされる。

感染したデバイスに重ね書きされる画像の例
感染したデバイスに重ね書きされる画像の例(シマンテックのブログより転載)

同社によると、改変された元のアプリは「Google Play」上で公開されていたが、現在は削除または公開停止されているという。元アプリが「Google Play」から消えたときと、マルウェアによる脅威が確認されたときの時間差から、同社では、最近になって海賊版から改変された可能性があると言及している。なお、同社によると、Android端末を利用する日本のユーザーを標的にした新しい脅威の数は、昨年同時期比で200%も増えているという。

アプリを利用する際は、公式の流通プラットフォームから、提供元の明らかなアプリをダウンロードするようにしたい。そして、アプリをインストールするときに表示される「アクセス許可」「アクセス権限」の内容をじっくり読み、アプリの内容とは無関係と思われる情報や機能(アドレス帳やメール、位置情報、端末固有の情報など)を使うものには注意を払う必要がある。また、スマートフォン向けセキュリティ対策ソフト(アプリ)を導入することも、セキュリティを高めるために推奨される。

AKB48 選抜総選挙を悪用する Android 向けのトロイの木馬(Symantec Connect Community)

関連キーワード:

Android

スマートフォン

マルウェア

位置情報

  • 脆弱性を悪用してマルウェアに感染させるPowerPointファイルに注意喚起
  • カテゴリートップへ
  • すがやみつる氏が語る「創作の源にある新しいモノへの好奇心」(前編)〜炎のコマキャンペーンとあらし誕生秘話〜