1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. スパム流通量は復活へ?ホリデーシーズンを前に増加に注意?

スパム流通量は復活へ?ホリデーシーズンを前に増加に注意?

セキュリティ対策企業の米シマンテック社が発表した11月のスパム動向リポートによると、スパム流通量は、大手配信事業者への接続阻止から一時減少したものの、その後持ち直し、回復の傾向が見られるということです。

クリスマスに便乗するパターンも:激減するもすぐに復活、11月のスパム動向(ITmedia)

記事によると、スパム対策として、11月11日、米国の接続業者McColo社への接続を一斉に遮断し、同サービスが閉鎖しました。

McColoの閉鎖直後にスパムメールの流通量が閉鎖前に比べて65%減少した。

しかし観測を継続した結果、11月下旬には34%の減少にまで回復。特にHTMLメール形式によるスパムの大半は、中国にホスティングされているとみられるサーバから送信されていることが分かり、同社ではスパム送信者が一斉に配信サーバを移行したと推測している。

このように、スパム送信者が配信サーバーを移行したことが推察され、スパム流通量は回復しているということです。

その他、クリスマスなどのホリデーシーズンを前に、商戦を意識したタイトルのスパムなども急増しているということで、メールの取り扱いは引き続き慎重を期すようにしたいものです。

  • USBウイルスとは
  • カテゴリートップへ
  • 2008年はマルウエア検知数が過去最高に?エフセキュア社が総括レポート?