1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 三井住友銀行を騙るフィッシングに注意喚起

三井住友銀行を騙るフィッシングに注意喚起

三井住友銀行を騙るフィッシングに注意喚起フィッシング詐欺対策の業界団体であるフィッシング対策協議会は、11月12日、三井住友銀行を騙りインターネットバンキングの暗証番号等を詐取しようとするフィッシングが確認されたとして注意を呼びかけている。

これによると、フィッシングの手口は、偽のメールを送信してユーザーを偽サイトに誘導し、個人情報を盗み取ろうとするものだ。「三井住友銀行より大切なお知らせです」というような件名で、インターネットバンキングのサーバーをバージョンアップしたため、必要事項を記入し情報の更新するよう促す内容のメールが届く。そこで、本物のWebサイトのログインページなどに見せかけた偽サイトに誘導し、暗証番号などを入力させるという。

同協議会によれば、11月12日15時にフィッシングサイトの停止を確認しているものの、類似のフィッシングサイトが公開される恐れもあるため引き続き注意が必要だ。また、三井住友銀行は、同行からユーザーに対し、暗証カード上の全ての数字の入力を促すことはないため、絶対に入力することのないよう注意を呼びかけている。

インターネットバンキングのサイトにアクセスし、ログイン情報を入力するように促す不審な電子メールが届いた場合は、安易にリンク先にアクセスしたり、添付ファイルを開いたりせず削除することが大事である。また、以下のような基本的なセキュリティ対策をあわせて継続するようにしたい。

・利用しているパソコンのOSやアプリケーションを常に最新の状態に保つ
・セキュリティ対策ソフトを導入し、ウィルス定義ファイルを最新の状態に保つ
・出所が明らかでないソフトやアプリケーションをダウンロードしない

三井住友銀行をかたるフィッシング(2012/11/12)(フィッシング対策協議会)
三井住友銀行を名乗りインターネットバンキングの暗証番号等を騙し取るメールにご注意ください。(三井住友銀行)

関連キーワード:

インターネットバンキング

フィッシング

三井住友銀行

  • リッピングとは
  • カテゴリートップへ
  • シマンテックが「東京SOC」を開設