1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. シマンテックが高校生を対象にした「サイバーセキュリティチャレンジ2012」を開催

シマンテックが高校生を対象にした「サイバーセキュリティチャレンジ2012」を開催

シマンテックが高校生を対象にした「サイバーセキュリティチャレンジ2012」を開催セキュリティ対策企業のシマンテック社は、若年層の情報セキュリティ意識の向上等を目的に、高校生や高専生を対象とした「サイバーセキュリティチャレンジ2012」を開催する。これは、2名から4名のチームを組んで参加するもので、同社より提供される「問題キット」(脆弱性を持つプログラム)をもとに、脆弱性を発見し、本来どのようなコードであるべきかを提示する"脆弱性発見コンテスト"だ。

昨今、情報セキュリティに従事する技術者育成や、若年層への情報セキュリティ意識の啓蒙など、情報セキュリティの人材育成が大きな課題となっている。このコンテストは、高校生や高専生に安全なプログラミングの基本となる脆弱性を学んでもらうことをテーマとしている。

応募期間は、7月17日から8月20日まで(締め切りは8月26日到着分まで)。受賞チームは8月31日に同社にて開催される受賞表彰式において表彰される。なお、上位2チームは、同社東京本社にて「1日体験社員」として社員との交流や、同社のセキュリティ専門家による「安全なプログラミング」に関する講義等を受けられる。

参加資格は、応募時点で日本に所在する高等学校、高等専門学校に在学する学生(同じ教育機関に属する2名以上4名以下のチーム)であること。国籍は不問で、日本語、英語、韓国語、中国語のいずれかで回答が作成できることが求められている。参加希望者は、以下の特設サイト上の応募フォームから申し込める。腕に覚えのある高校生はチャレンジしてみてはどうだろうか。

サイバーセキュリティチャレンジ 2012(シマンテック)

関連キーワード:

サイバーセキュリティチャレンジ2012

  • 国内でもランサムウェアの感染が確認される〜トレンドマイクロ社が脅威レポートを発表〜
  • カテゴリートップへ
  • 「Anonymous」による日本を標的とした攻撃に注意喚起
あなたへのオススメ
2012年8月 9日
2012年7月のIT総括