1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. ネットエージェント社に酷似した企業からの携帯電話メールに注意

ネットエージェント社に酷似した企業からの携帯電話メールに注意

ネットワークセキュリティ企業のネットエージェント社は、同社に酷似した社名の企業を発信元とした、料金支払いを促す携帯電話メールに注意するよう呼びかけています。

「株式会社」が社名の前か後か--ネットエージェントをかたるメールに注意(CNET Japan)

記事によると、携帯メールの内容は、運営するサイトの利用料金未納についてというもので、送信元の社名が「ネットエージェント株式会社」(同社の正式社名)ではなく、「株式会社ネットエージェント」になっているということです。

このメールは、「登録制の情報サイトに初回無料で登録したが、そのまま解約せず放置したため、継続使用料および延滞利息(遅延損害金)が発生している。そのためネットエージェントの代行としてこのメールを送っており、当社に至急連絡を取るように」といった内容の文面となっている。

同社では、そのような有料の情報サイトやそれに類する有料サイトは一切運営していないことから、同社とは一切関係のないメールであるということです。

記事によれば、これらのメールには送信元への返答を促す内容が記載されているものがあるとのこと。しかし、返答してしまうとメールアドレスや電話番号などを悪用され、振り込め詐欺やフィッシング詐欺などの“二次被害”に遭ったり、暗証番号などの個人情報が送信元に詐取されるおそれがあるため、こうしたメールが出回っている点に留意し、冷静に行動するようにしましょう。

関連キーワード:

スパム

フィッシング

個人情報

迷惑メール

  • 【よ】よく言えば共有 実はタダ漏れ?
  • カテゴリートップへ
  • サイドチャネル攻撃とは