1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 感染力の強いウイルス「W32/Virut」に注意喚起

感染力の強いウイルス「W32/Virut」に注意喚起

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、2006年8月に報告された「W32/Virut」というマルウエアの感染報告が増加しているとして注意を呼びかけています。

感染したユーザー以外のPCにもウイルスを感染させる「W32/Virut」に注意(CNET Japan)

「W32/Virut」は、ユーザーがスパムメール等に記載されたURLをクリックすることなどによって悪意のWebサイトに接続し、感染するもので、感染数は2008年末から徐々に増えているとのこと。

 感染したW32/Virutは、PC内にあるW32/Virut以外の「exe」および「scr」の拡張子を持つファイルに感染する。さらに、「php」「asp」「htm」「html」の拡張子を持つ、主にホームページに使用されるファイルの中に命令文を埋め込み、W32/Virutが仕込まれているサイトにアクセスさせるようにする。

このように、ファイルを改ざんしたり、悪意のWebサイトにアクセスして別の不正プログラムをダウンロードしたりする機能を備えています。

また、記事によると、W32/Virutは、WebサイトにアクセスしたユーザーのPCに特定の脆弱性が存在するかを解析し、もし脆弱性が存在すればそれを悪用して自身を感染させるということです。

記事ではOSの修正プログラムを適用して最新の状態を保つことを推奨しています。また、万が一、感染した場合に備え、定期的なバックアップの実施が望ましいとのことです。

(1)ウイルス対策ソフトの定義ファイルを常に最新の状態に更新し、ウイルス検知機能を常時有効にする
(2)OSや、使用しているアプリケーションソフトを常に最新の状態に更新する
(3)重要なデータはウイルスに感染していない外部記憶媒体へバックアップする

関連キーワード:

W32/Virut

マルウエア

脆弱性

  • セプターカウンシルとは
  • カテゴリートップへ
  • 【れ】霊じゃないあなたの肩ごしのぞいてる