1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. アップルの端末ID(UDID)1200万件以上が流出と報じられる

アップルの端末ID(UDID)1200万件以上が流出と報じられる

アップルの端末ID(UDID)1200万件以上が流出と報じられる9月3日(現地時間)、iPhoneをはじめとするアップル社のiOS端末に割り当てられる「UDID」1200万件以上が流出した可能性があることが報じられた。ハッカーコミュニティ「Anonymous(アノニマス)」に関連する「Antisec」というコミュニティが声明を発表している。

報道等によると、Antisecは、FBIのノートパソコンから情報を入手したと主張しており、1200万件以上のうち一部の情報(100万1件)をインターネット上に公開した。入手したのはUDIDのほか、ユーザー名、住所、電話番号などの個人情報で、公開データからはUDID以外の個人情報は削除されているという。

UDIDは、アップル社のiOS端末に割り当てられている端末IDで、機器ごとに固有な識別コードのこと。製造時に一台ごとに付与される一意の文字列で、ユーザーが削除、変更することはできない。一部のWebアプリなどでは、UDIDをユーザーの認証やトラッキング(Web閲覧の行動追跡)等に用いることがあり、セキュリティ上の問題点が指摘されていた。

UDIDと個人情報とが結びつくと「なりすまし」をはじめ、ユーザーに対する大きなセキュリティ上の脅威となりうるため、今回の流出を受け、セキュリティ専門家らは情報が悪用される可能性について懸念を表明している。

なお、FBIは、現時点でノートパソコンが侵入を受けた形跡はなく、また、捜査官がこうしたデータを収集、取得したことはないという声明を発表している。

(英文)AntiSecの声明
(英文)FBIの声明
AppleのデバイスID(UDID)、1200万件をハッカーグループが盗み出したと主張―今後の展開に注意が必要(TechCrunch JAPAN)
1200万件以上のiOSデバイス情報が流出、ハッカー集団が犯行声明(PC Online)

関連キーワード:

iOS

UDID

アップル

  • Android端末に偽のFlash PlayerをダウンロードさせようとするWebサイトを確認
  • カテゴリートップへ
  • K子のちょっとセキュアな日常 Vol.12 「ショルダーハック」による情報漏えいに注意