1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 警視庁が「遠隔操作ウィルス」の情報提供を呼びかけるFacebookページを新設

警視庁が「遠隔操作ウィルス」の情報提供を呼びかけるFacebookページを新設

警視庁が「遠隔操作ウィルス」の情報提供を呼びかけるFacebookページを新設警視庁は、12月21日、「遠隔操作ウィルス」による一連の犯行予告事件に関する情報提供を呼びかけるWebサイトをアップデートし、新たにFacebookページ「遠隔操作ウィルス事件合同捜査本部」を公開した。

情報提供を呼びかけるサイトには、事件の概要や犯人の特徴、ウィルスの特徴といった情報に加え、犯行時間帯、犯行予告、犯行声明メール、ウィルス情報などの詳細が掲載されている。これによると、犯行時間帯は、ほとんどの犯行が平日、特に月曜日と水曜日の昼間帯に集中して行われており、真犯人はこの時間帯に自宅や会社などでコンピュータを使用することができる生活をしていると考えられる。一方、週末は、主だった動きが見られないという。

また、新設されたFacebookページにおいても情報公開と、真犯人に関する情報提供を呼びかけている。心当たりのある方は、警視庁・神奈川県警・三重県警・大阪府警合同捜査本部宛にメール、電話にて情報を提供して欲しいとのことだ(Facebook上で情報提供やコメントは受け付けていない)。

遠隔操作ウィルスによる連続威力業務妨害等事件(警視庁)
遠隔操作ウィルス事件合同捜査本部(Facebookページ)

関連キーワード:

Facebook

ウィルス

警視庁

遠隔操作

  • 本日より「スパッと解決!Dr.セキューリ」がスタート!!
  • カテゴリートップへ
  • 2012年12月のIT総括