1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. USBメモリのセキュリティ対策に未回答が3割超

USBメモリのセキュリティ対策に未回答が3割超

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が行ったセキュリティ意識調査によると、USBメモリを利用しているPCユーザーのうち、実施しているセキュリティ対策についての問いに回答しなかったユーザーが33%にのぼることがわかりました。

IPA、セキュリティ意識調査を発表(ITpro)

これは、「2008年度第2回 情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査」で、15歳以上のPCユーザーを対象にしたもの(有効回答数5000)。調査は、2009年1月16日から同月19日までWeb上で行われました。

記事によると、「セキュリティ対策ソフトの導入・活用」「Windows Update等によるセキュリティパッチの更新」という設問について「現在も、今後も実施する予定はない」という回答が、それぞれ14.2%、16.4%にのぼりました。

また、USBメモリについての対策状況について、実施している対策についての問いに回答しなかった回答者は33%という結果でした。

USBメモリを利用しているユーザー(回答数 2958)のうち、実施しているセキュリティ対策で最も多かったのは「出所不明のUSBメモリや、セキュリティ面で信用できないUSBメモリを使用しないようにしている」(50.2%)。「ネットカフェなどの公共のコンピュータや、セキュリティ対策が不明なコンピュータでUSBメモリを利用しないようにしている」(41.3%)が続いた

記事では、無線LANのセキュリティ対策についても言及。無線LAN利用者(回答数1631)のうち、通信の暗号化を行っているという回答は88%、暗号化以外のセキュリティ対策を行っているという回答は39.8%でした。

まだまだ、セキュリティに関する意識が低いようです。基本的なセキュリティ対策を継続しましょう。

関連キーワード:

IPA

  • 【ね】寝かせても パソコン だもの...
  • カテゴリートップへ
  • チャリンカーとは