1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 「Windows Defender」に似せた詐欺的セキュリティソフトに注意

「Windows Defender」に似せた詐欺的セキュリティソフトに注意

ロシアのセキュリティ対策企業カスペルスキーラブス社が報じたところによると、マイクロソフト社のスパイウェア対策ソフト「Windows Defender」に似せた「Windows Enterprise Defender」なる名称でユーザーを騙そうとする詐欺的セキュリティソフトが確認されたという。

「Windows Enterprise Defender」出現、MS製品に見せかける偽ソフト(ITpro)
Windows "Enterprise" Defenderとは? 偽ソフトの巧妙なだましの手口(ITmedia)

詐欺的セキュリティソフトは、「ウィルスやスパイウェアへの対策ソフトである」との触れ込みでユーザーにダウンロードやインストールを促すが、実際には正しく機能しない"偽の"ウイルス対策ソフトのこと。

9月29日に無料のウィルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」の提供が新たに開始された。また、Windows VistaやWindows 7に標準で搭載されているスパイウェア対策ソフトに「Windows Defender」というものがある。

上記ニュースサイトによると、今回の手口は、「Microsoft Security Essentials」の提供開始というニュースに便乗し、「Windows Enterprise Defender」という紛らわしい名称を付すことで、マイクロソフト社から正規に提供されたプログラムであるとユーザーに勘違いさせ、詐欺的セキュリティソフトを購入させようとする等の狙いがあるようだ。

このように色々なニュースに便乗して、偽のセキュリティ対策ソフトを導入させようと騙す手口があることに注意し、慎重に対応する必要がある。セキュリティ対策ソフトを購入する場合には店頭もしくは信頼できるサイトで購入することをお勧めする。

安心 セキュリティ情報局(vector)

関連キーワード:

Microsoft Security Essentials

ウィルス対策ソフト

スパイウェア

ミスリーディングアプリケーション

偽セキュリティ対策ソフトの押し売り

詐欺的セキュリティソフト

詐欺的セキュリティソフトウエア

  • 「大江戸セキュリティくろすわーどキャンペーン」締切間近!!
  • カテゴリートップへ
  • mixiアプリ「サンシャイン牧場」の課金サービスに不具合、利用者の個人情報が閲覧可能に