1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 「バレンタインデー」に便乗したスパムを確認

「バレンタインデー」に便乗したスパムを確認

セキュリティ対策企業のトレンドマイクロ社は、ブログにて、2月14日のバレンタインデーに便乗したスパムが確認されたとして注意を呼びかけている。

スパムメールは、ギフトカードを無料で入手できるといった内容や、時計やバッグ、宝飾品などの模造品/偽物が購入できるという内容などだという。


スパムメールの例(トレンドマイクロ社のブログより転載)


模造品/偽物という宣伝文句が確認できる(トレンドマイクロ社のブログより転載)

メール中のリンクをクリックすると別のWebページに誘導され、氏名や住所、電話番号などの個人情報を詐取される可能性があるという。

このように、世間の関心の高いイベントが近づくにつれ、それに便乗して様々な不正行為が繰り返される。スパムメールを介してマルウェアに感染させようとする悪質な手口が起こりうる可能性も指摘されていることから、メールやインスタントメッセージ(IM)などで送られてきたリンクは容易にクリックしないといった慎重な対応を心がけたい。

(英文)トレンドマイクロ社のブログ
「バレンタインデー便乗スパム」が早くも出現(ITpro)

関連キーワード:

スパム

バレンタイン

マルウェア

  • ブラウザー・ハイジャッカーとは
  • カテゴリートップへ
  • 「NPO対抗セキュリティいろはかるた大会」を開催