1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティ用語解説
  3. 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)とは

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)とは

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)とは、ネットワークセキュリティの調査・研究、情報提供、啓発活動などを行う特定非営利活動法人(NPO)。ネットワークやセキュリティ関連企業、システム開発会社等によって2000年4月に設立され、2001年5月にNPOに認可された。2011年1月現在、約150社の会員企業がある。

ネットワークのセキュリティに関する技術の向上、標準化の推進、一般社会への啓発などについて、社会活動、調査研究、標準化、教育などの各部会が活動を行っている。2011年1月には、スマートフォンのセキュリティ推進団体の設立に向けた準備会の立ち上げを発表するなど、スマートフォンの普及にあわせて取りざたされるセキュリティの脅威に対応するための活動を続けている。

日本ネットワークセキュリティ協会
スマートフォンのセキュリティ推進団体を設立へ――JNSAらが発起人(ITmedia)

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

JNSA

スマートフォン

日本ネットワークセキュリティ協会

  • Android初のボット型「Geinimi」(ゲイニミ)ウィルスに注意喚起
  • カテゴリートップへ
  • 【個人情報保護編】好評の「大江戸セキュリティ戯画(ギガ)」第二話が公開!!