IPsec(アイピーセック)とは

IPsec(アイピーセック)とは、暗号化通信のためのプロトコル(方式)のこと。「Security Architecture for Internet Protocol」の略で、インターネット技術の標準化団体であるIETF(Internet Engineering Task Force)のワーキンググループにおいて仕様策定され、標準化されている。

インターネットのような公衆網(IPネットワーク)において、セキュリティを高めるために用いる仮想的な専用線(VPN)を実現するための技術。通信を暗号化し、データの完全性や機密性を保つことができる。

IPsecを用いたVPN(IPsec-VPN)は、SSL技術を用いたVPN(SSL-VPN)などと同様、インターネット上に仮想的な専用線を構築する技術として一般的に利用されている。インターネット回線を利用するため、通信速度や接続性といった通信品質に保証はないものの、企業の拠点間通信や遠隔地からインターネット経由で社内イントラにアクセスするような場合において、専用線に比べ安価に仮想的な専用線を導入できるメリットがある。

(英文)Internet Engineering Task Force(IETF)
インターネット用語1分解説〜IPsecとは〜(JPNIC)

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

IPsec

アイピーセック

  • 新しいSQLインジェクション攻撃「LizaMoon(ライザムーン)」に注意
  • カテゴリートップへ
  • 動画で学ぶ「大江戸セキュリティ戯画(ギガ)」第五話が公開!!