スキミングとは

他人のクレジットカードやキャッシュカードを偽造する手口のひとつ。「スキマー」と呼ばれるカード情報を読み取る装置を用いて、クレジットカードやキャッシュカードの磁気記録情報を不正に読み出してコピーを作成する。

代表的な手口は、飲食店などで他の客の上着に入ったままのクレジットカードから情報を盗み出したり、空巣に入り、カード本体ではなく情報だけを盗みだしたり、クレジットカード取扱店のCAT端末(加盟店信用照会端末)に細工をしてスキマーを仕掛けたりする、などである。

また、クレジットカードよりも深刻なのが、直接銀行口座から現金を引き出すことのできるキャッシュカードの偽造である。

最近では、ATM(現金自動預払機)に小型カメラを設置し、暗証番号を入力する操作を盗撮して情報を盗み取るという悪質な手口もニュースで報じられている。

スキミングはカードの盗難と違って、カード自体が「無事」であるため、被害者が被害に気づきにくいという特徴があり、より巧妙であると言える。

チエ:こうした被害を防ぐために、よりスキミングされにくい環境を目指してクレジットカードのICカード化が進められているのね。
イッセイ:キャッシュカードの偽造についても、各金融機関が、生体認証やワンタイムパスワードの導入を進めていますね。

・スキミングとは(IT用語辞典)
コンビニATMで「静脈認証」を導入−三井住友銀行−
カテゴリー【電子認証】

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

クレジットカード

スキミング

電子認証

  • 【う】裏口を こっそり設置 バックドア
  • カテゴリートップへ
  • DNSサーバーを踏み台にしたDDoS攻撃が発生