ウォードライビングとは

セキュリティ対策が施されていない、企業内の無線LANのアクセスポイントを求めてオフィス街などを車で移動するクラッキングの手口。無線LANは障害物がなければ、建物に面した道路上でも十分に建物内のアクセスポイントに接続できる場合がある。これを悪用し、ネットワークに侵入するのが目的だ。これを自動的に行なうためのアプリケーションも存在する。

イッセイ:電話番号を自動生成して発信し続ける「ウォーダイヤリング」と類似のクラッキングの手法のため、こう呼ばれるようになったそうです。
チエ:無線LANに不正にアクセスできると、そこから送信元を詐称してスパムメールを送ることもできるから、大きな問題になりつつあるわ。
マサヤ:暗号化WEPの導入やMACアドレス制限などのセキュリティ対策は万全にしたいですね。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

ウォードライビング

スパムメール

無線LAN

  • はじめに
  • カテゴリートップへ
  • 通信手段の確保は危機管理の要諦