リアルマネートレード(RMT)とは

リアルマネートレード(RMT)とは、オンラインゲームなどで、ゲーム内で得られた通貨やアイテムなどの架空財産を現実世界で売買すること。取引は主にプレイヤー個人間で行われるが、RMTを専門に行う業者も存在する。

オンラインゲームの楽しみ方や費やす時間は個人によって異なるため、ゲーム内の経験値やアイテムをやり取りできるRMTへのニーズは強い。例えば、オンラインゲームで強力なアイテムは欲しいものの、時間をあまり費やすこのできないプレイヤーが、多くの時間をかけてプレーしアイテムなどを多く入手している他のプレイヤーから購入するといったケースがRMTに該当する。

一方で、多くのオンラインゲームでは会員規約などでRMTを禁止している。RMTをめぐっては、現金化を目的として他人のゲームアカウントに不正にアクセスし、アイテムを盗み出してRMTで転売するといった事件が発生するなど、なりすましやクラッキングの標的となっていることが指摘されている。

取引自体はゲーム外の個人間やオンラインオークションなどで行なわれるため摘発が難しく、そのため、有効な防止策は見出せていないのが現状だ。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

RMT

リアルマネートレード

  • Mac OS Xを狙う詐欺的セキュリティソフト「MAC Defender」に注意
  • カテゴリートップへ
  • SET(Secure Electronic Transaction)とは