詐欺的セキュリティソフトとは

「ウイルスやスパイウェアへの対策ソフトである」との触れ込みでユーザーにダウンロードやインストールを促すが、実際には正しく機能しない"偽の"ウイルス対策ソフトのこと。
「ミスリーディングアプリケーション」「偽セキュリティ対策ソフトの押し売り」などとも称される。

こうしたソフトウエアをダウンロードしてしまうと、適当なタイミングで、実際には存在しない脅威を検知した旨がパソコン上に表示され、駆除機能を動作させるためといったもっともらしい名目で、クレジットカードによる料金支払いを促すといった挙動を示すことがある。

ソフトウエアの機能も進化し、日本語版のダウンロードサイトを用意しているものもあるため、被害に遭わないよう注意が必要だ。既に出元の確かなセキュリティ対策メーカーのソフトウエアを導入済みであれば、冷静に、新たなセキュリティ対策ソフトを導入する必要があるかどうか、まずは「疑ってかかる」対応が必要である。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

辻 伸弘のセキュリティ防衛隊

関連キーワード:
  • 盗まれた個人情報がWeb上で公開!?
  • カテゴリートップへ
  • 「詐欺的セキュリティソフト」に注意が必要