セキュアCDとは

東芝EMIが自社の音楽CDに導入した著作権保護機能。2005年8月に発売されたCDから採用されている。

通常のCDプレーヤーでは普通の音楽CDとして再生できるが、CD規格には準拠していないため、再生が保証されておらず、正確には「CD」とは呼ぶことができない。パソコンではWindows XPに対応した専用の再生ソフトで再生できるほか、著作権保護されたWMA形式の楽曲が記録されており、Windows Media Playerを使ってハードディスクやCD-Rへ指定された回数だけコピーすることができる。

チエ:新しい著作権保護機能が導入されたCDなのね。
マサヤ:これまでも、CCCDやレーベルゲートCDといった規格がありましたね。
イッセイ:現状ではWMAの著作権機能に対応した携帯音楽プレーヤー等にコピー可能ですが、WMAのみのエンコードになっているため、そのままiTunes経由でiPodに楽曲を転送することはできない点に注意が必要かもしれません。

詳細はこちら↓
・セキュアCD(IT用語辞典)

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

itunes

セキュアCD

東芝EMI

著作権保護

  • セキュリティ確保の観点から見た文書の電子保存について
  • カテゴリートップへ
  • W杯に関連したフィッシングにご用心