IFRAMEとは

IFRAMEとは、「インラインフレーム」のことで、HTMLのテキスト中にフレームを埋め込む要素のこと。

セキュリティの分野では、Webブラウザの脆弱性であるところの、インラインフレーム(=IFRAME)の脆弱性を指す。これは、2004年に報告されたもので、IFRAMEの処理において、長すぎる文字列が含まれる場合にバッファオーバーフローが引き起こされるというものだ。

この脆弱性を悪用すると、WebサイトなどのHTMLドキュメントを通じて、外部から任意のコードが実行されてしまう可能性がある。

IFRAMEの脆弱性を悪用したマルウエアも増えており、代表的なものとしては、お線香を手にしたパンダのアイコンが現れる、「W32/Fujacks」などがこの手口を用いている(→引用記事)。

また、こうしたWebブラウザの脆弱性をつき、HTMLメールを使ってマルウエアに感染させる手口が増えているというニュースも報じられている(→引用記事)。

ユーザー側としては、OSのセキュリティパッチを適用しセキュリティホールをふさぐとともに、差出人が不明なメールや、出所が明らかでないファイルは、安易に開かないよう心がけることが重要だ。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

お祈りパンダ

バッファオーバーフロー

マルウエア

  • Storm Wormの新手口?YouTubeを騙った大量送信メール
  • カテゴリートップへ
  • インドの銀行サイトにブラウザの脆弱性をつく悪意のコードが存在