谷口ウイルスとは

WinnyをはじめとするP2Pのファイル共有ネットワーク上に流通するトロイの木馬。ウイルスプログラムに「谷口」という言葉が含まれるために、このように呼ばれていると考えられる。

検出を報じたトレンドマイクロによると、2005年春の「山田ウイルス」や、その後発見された「小泉ウイルス」「原田ウイルス」「亀田ウイルス」など"日本人の苗字が通称につけられた"マルウエアが続々と検出されている(→引用記事)。

谷口ウイルスは主に、Winnyで流通しているゲームソフトなどの特定のアプリケーションの海賊版に含まれているという。感染するとCドライブに「tani1.exe」という名前で自身自身のコピーを作成し、Windowsの起動時にこのコピーが自動実行されるようにレジストリ値を変更する。ただし、コード内にエラーがあるため、不正プログラムとしての活動は失敗に終わるようだ。

ユーザーは感染を避けるため、常に正規版のソフトウエアを使用することが望ましい。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

P2P

Winny

トロイの木馬

マルウエア

  • IT最前線!うわさのセカンドライフとは?(後編)
  • カテゴリートップへ
  • 「対策ソフト無料体験版」のメール、実はフィッシング