マクロウイルスとは

ワープロや表計算ソフトなどに用意されたマクロ機能を悪用したウイルス。

Microsoft Officeなどのアプリケーションソフトは、ユーザーの作業を簡略化するためにマクロの実行機能を持っており、マクロは作成した文書ファイルに格納される仕組みになっている。

これを悪用し、ユーザーに気づかれないように文書ファイルに「感染」して、自己増殖や破壊活動を行う。主に電子メールを介した企業間、企業内での文書のやりとりを通じて被害が拡大することが多い。最近では電子メールに添付されてインターネットなどを通じて拡散することも一般的である。

平易なプログラミング言語で生成されるため、少しプログラミングを勉強すれば、比較的簡単に作成できてしまう。ウイルス構造の解析が簡単なため、「亜種」が発生しやすいという特徴も持つ。

<参考>
・マクロウイルス(IT用語辞典)

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

Office

  • IT大喜利コンテスト選考会インタビュー(前編)
  • カテゴリートップへ
  • フリー圧縮ツールにバッファオーバーフローの脆弱性発見