UTMとは

UTMは(Unified Threat Management=統合型脅威管理)の略で、ファイアウォールをはじめ、ウイルス対策や不正侵入対策など、複数のセキュリティ機能を統合的に管理すること。または、それらのセキュリティ機能を専用ハードウエアに統合したセキュリティ機器(一般に「統合セキュリティアプライアンス」と呼ばれるもの)を指す。

企業ネットワークは、ウイルスやスパム、フィッシング詐欺などセキュリティ上の脅威に常にさらされている。こうした脅威への対策として、外部のネットワークとの境界を流れるデータを監視し、不正なアクセスを検出したり、遮断するファイアウォールや、攻撃パケットを検知して不正侵入を防止するIPSといった複数の機器を組み合わせて利用する必要がある。

UTMは、一台に複数のセキュリティ機能を搭載することにより、単一機能製品を組み合わせるよりも設定や管理が容易な上に安価で、運用コストを低減することができるのが利点だ。

各セキュリティ機能が連携し合うことで、強固なセキュリティを実現できるのが特徴で、内部統制における情報資産の保全、保護のためのセキュリティ対策としても、注目を集める手法の一つである。

一方で、様々な機能を一台に集約しているため、個別の機能や性能を比べると、UTMよりも単体製品の方が性能や拡張性が高いというケースもあった。しかし近年、UTMの性能も向上しており、今後、単体製品と比較して、運用コストを低減できることや、個別に揃えるよりも相対的に価格が安く済む利点をもったUTM製品の市場が伸びていくと予想される。

<参考>
・UTMとは(IT用語辞典)

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

UTM

ファイアウォール

内部統制

統合セキュリティアプライアンス

  • スパム送信元偽装?中継国ワーストは米国との調査結果?
  • カテゴリートップへ
  • IPAによる10月のウイルス届出状況と「ワンクリック詐欺」への注意喚起について