マジコンとは

マジコンとは、家庭用ゲーム機のゲームソフトをコピーしたり、またそのコピーやイメージファイルをゲーム機で起動させたりするための機械のこと。もとは、正規に購入したソフトをバックアップするための機械であるが、実質的にはこのような名目で使われる例は少なく、不正にネット上からダウンロードしたソフトを起動するために使われている。

「マジコン」の名称は、過去のゲーム機用コピーツールの名称「スーパーマジコン」から転じたものとされ、マジコンは"マジックコンピューター"の略とされる。ゲーム機メーカー側は「いわゆるマジコン」「マジコンと判断されるもの」というように、直接的な表記を避けることが多い。

主な機能は、自身が所持しているゲームソフトのコピー及び起動、自作プログラムの起動、画像表示及び文書表示、音楽・動画の再生などである。ハードとしてのマジコンは、自作したゲームプログラムの開発や個人でプライベートなコンテンツを楽しむ目的、データのバックアップ用として販売されているが、市販されるゲームソフトをはじめとする他者の著作物のコピーを使用する行為は著作権法上、問題となる。

インターネット上では、正規のゲームソフトのコピーが不正にまたは違法に配布されており、容易に入手することができる。マジコンを使用すると、オリジナルと変わりない環境でコピーを起動させることができるため、正規にゲームソフトを購入せずにプレイすることが可能となる。このように、マジコンは正当な行為にも使える反面で、海賊版を不正に流通させる行為にも使えることが可能なことから、ゲーム機メーカーやソフト制作会社は、著作権者の権利を保護する目的でマジコンの流通規制を要望している。

2009年2月、東京地裁は、ゲームカセットのコピー防止機能を無効化するマジコンの「プロテクト外し」が不正競争防止法に抵触するとして、マジコン販売業者に販売禁止と在庫破棄を命じる判決を下した。また、2010年1月1日に施行された改正著作権法では、海賊版の音楽ファイルや動画ファイルの入手行為そのものが禁止された。海賊版DVDなど違法コピー対策として、ネットオークションへの出品や広告も禁止している。違反者への罰則はないが、損害賠償など民事上の責任を問われる可能性がある。

マジコンとは-意味/解説/説明/定義(IT用語辞典)
マジコンとは(はてなキーワード)
違法「着うた」入手禁止に  改正著作権法、元日に施行(47NEWS(よんななニュース))
DVDやゲームソフトの複製が違法に(ニューストレンド)

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

マジコン

  • スマホで撮った写真の「位置情報」に東京都が注意喚起
  • カテゴリートップへ
  • Carrier IQとは