レピュテーションとは

スパムメールを受け取らないようにしたり、悪意のWebサイトからマルウエアをダウンロードしないようにするため、通信を制限するための技術。レピュテーション(reputation)は、"評判・名声"の意味で、通信相手の"評判"を調べて通信するかどうかを判断するところからこう呼ばれる。

スパムメールやウイルスは、送信元に特定の共通点を持っていることが多い。短時間に大量のメールトラフィックを送信するメールサーバーを用意していたり、同じIPアドレスで複数のドメインを利用したWebサーバーを使っていたりする。

レピュテーションはこれらの特徴を事前に判断・評価して、通信相手にふさわしいかどうかを判断する。セキュリティ対策ソフト上では、様々なサーバーの評価を管理する「評価データベース」と、データベースから評価を取得し、通信を制限することの組み合わせで実施されている。

このレピュテーションによって脅威に対するフィルタリング効果が高まり、スパムメールの受信やウイルスの感染を未然に防ぐ効果が期待できる。フィルタリングの評価の基準は製品元のセキュリティ対策企業によって違うため、レピュテーションだけでは完全に外部からの脅威を防ぐことはできないものの、一定の判断基準によって不要なトラフィックを減らし、より安全なセキュリティ環境を作り出すことができるようになる。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

  • セキュリティめがね 第5回 安全なパスワードはこうして作れ
  • カテゴリートップへ
  • Storm Wormが活発化?架空のニュースで悪意のサイトへ誘導