日本版SOX法とは

企業の内部統制強化を目的に、2008年3月期にも導入される見通しの新しい法制度。内容は、会社法、証券取締法の改正と見られるが、米国の企業改革法「SOX(サーベンス・オクスリー)法」(SOX=Sarbanes-Oxley Act)と目的や構成が似ているため、「日本版SOX法」と呼ばれる。

SOX法は、2002年、エンロン事件をはじめとする米国企業の会計不祥事の続出に対し、米国政府が制定した企業改革のための法律のこと。日本版SOX法の草案は、2005年7月に金融庁の企業会計審議会・内部統制部会が発表しており、パブリックコメントを受けてガイドラインが作成されることとなっている。

特にITに関しては、内部統制のために「ITを活用すること」が明確にうたわれており、日本版の方が「適切な企業活動を行うために ITが果たすべき役割」がよりクローズアップされることになりそうだ。


チエ:今まで以上に企業にとって、コンプライアンス(法令遵守)ということが大事になってくるわね。
イッセイ:おっしゃる通りです。そのためにITが果たす役割も大きいです。コスト負担をいかに抑えて内部統制を高めていくかということが課題ですね。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

コンプライアンス

企業改革法

内部統制

日本版SOX

  • 「1日30通まで」が約5割−「スパムメール」についての投票企画−
  • カテゴリートップへ
  • オフィスセキュリティをトータルに高めるための取り組み