不審メール110番とは

情報詐取を目的として特定の組織に送られる不審なメール(いわゆる標的型攻撃)に関する相談や報告を受け付ける窓口のこと。2008年9月29日、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が設置した。

最近では、実在する企業名や官公庁名を騙って特定の組織に不正プログラムが添付されたメールを送りつけ、企業の機密情報を盗もうとする"不審メール"が後を絶たない(→当ブログ内の参考記事)。特にやっかいなのは、その企業の実態にあわせてメール内容をカスタマイズしていることだろう。業務に関係ありそうな内容を送りつけるという点で、不特定多数に送られるウイルスメールやフィッシングメールとは異なっている。

こうした標的型攻撃の実態調査と相談対応のために設置された窓口が「不審メール110番」だ。不審なメールに対する予防・対処方法などの情報を提供することで、実被害の減少を目指して活動する。

なお、相談窓口の連絡先、不審なメールの特徴と被害例、届いた場合の対応等については以下のIPAのリンクを参照されたい。

情報詐取を目的として特定の組織に送られる不審なメールの相談窓口「不審メール110番」(IPA)

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

  • ネット監視団体を装ったスパムでマルウエアに感染
  • カテゴリートップへ
  • 【ろ】漏えいで 流れた社運