USBウイルスとは

USBインターフェースを備えた外部記憶装置を介して感染を広げるウイルスの総称。既存のウイルスに、USBメモリをはじめとする外部記憶装置への感染機能が新たに加わったことで被害を拡大させている。

USBウイルスは、USBメモリなどをPCに接続した際にプログラムを自動実行させるWindowsの機能を悪用して感染する。ウイルス本体と一緒に、そのウイルスを起動するような設定ファイル「Autorun.inf」をUSBメモリ内にコピーし、このファイルが自動実行されることでウイルス本体がPCに感染する仕組みだ。最近では、ウイルス自身を別の属性のアイコンに偽装したり、ウイルス対策ソフトを強制終了させたりすることで、発見や駆除を困難にしている。

USBウイルスに感染すると、Windowsの動作に必要なシステムファイルの破壊や、オンラインゲームのアカウント情報の盗難、別のウイルスのダウンロードなど様々な被害が報告されている。また、ウイルスに感染したPCに別のUSBメモリを接続すると、そのUSBメモリにウイルスが感染し、広範囲にウイルスが拡散してしまう。

対策としては、USBメモリなどの外部記憶装置を自動実行しないように設定変更することが必要だ。例えば、Windows Vistaでは、「コントロールパネル」→「ハードウエアとサウンド」→「CD または他のメディアの自動再生」で「何もしない」に設定することで自動実行機能がオフになる。また、USBメモリだけでなくリムーバブルディスクとして認識したドライブに対して、ウイルス対策ソフトでスキャンすることも重要だ。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

autorun

USBウイルス

USBメモリ

  • マルウエア感染原因のトップは「ネットからのダウンロード」
  • カテゴリートップへ
  • スパム流通量は復活へ?ホリデーシーズンを前に増加に注意?