ショートカットウイルスとは

デスクトップ上に表示されるショートカットを悪用したウイルスの総称。拡張子はWindowsのショートカットファイル「.lnk」が使われている。

ショートカットウイルスにはいくつかのパターンがあるが、ウイルス本体へのショートカットをデスクトップ上に貼り付けるタイプや、既存のショートカットを悪用してウイルスへのリンクを追加するタイプなどが代表的なもの。ショートカットそのものにウイルス(悪意のプログラム)が仕込まれているものもある。最近では、特定のFTPサーバーへ自動的に接続してウイルスをダウンロードするものまで登場している。

一般的なウイルスの場合、「.bin」や「.exe」など実行形式の拡張子であることが多い。しかし、ショートカットウイルスは一見すると実体のないファイルやデータに見えるため、安易にダブルクリックしてしまいやすい。また、バックグラウンドでウイルスが実行されるために、ユーザーが感染に気付きにくいのが特徴だ。

普段から使っているPCのショートカットであっても、このウイルスに感染していれば悪意あるスクリプトが仕込まれていることも考えられる。アンチウイルスソフトでチェックするなど十分に注意したい。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

ウイルス

ショートカット

  • インターネット利用者の約3割が「同じパスワードを使い回す」と回答
  • カテゴリートップへ
  • 新たな中間者攻撃の手口に注意