チャリンカーとは

自転車の俗称「チャリンコ」から転じて、手元にない商品でネットオークション取引を行い、落札してから商品を調達するような自転車操業的な出品を繰り返す人、または最終的に振り込まれた金銭をだまし取る詐欺手口のこと。

チャリンカーは、商品を持っていないにもかかわらず出品し、落札者から振り込まれた金銭を使って物品を購入して発送するという行為を繰り返す。購入金額よりも落札金額のほうが高ければ詐欺的な行為に走る必要はないが、オークションでは一般流通価格よりも安価に落札される傾向があり、この行為を続けてしまうと損をし続けることになる。

そこで、購入者からの評価を高めるために、ある程度の自転車操業を繰り返す。その後、頃合いを見計らって大量の商品や高額の商品を出品し、落札者から代金を振り込ませた段階で商品を発送せずに逃亡する。高い評価であればあるほど、落札者を安心させることにつながり被害が大きくなってしまう。

チャリンカーの被害にあわないためには、商品の納品期間が長めに設定されていたり突然大量の商品を出品したりするなど、出品者に異常な挙動がないかどうか確認することが必要だ。単に評価が高い出品者だからといって安全だとは限らない。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

チャリンカー

ネット詐欺

  • USBメモリのセキュリティ対策に未回答が3割超
  • カテゴリートップへ
  • 新生活のためのPCセキュリティ対策7ヵ条を発表