1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティ用語解説
  3. 「JSRedir-R」(通称「GENOウィルス」)とは

「JSRedir-R」(通称「GENOウィルス」)とは

Adobe Flash PlayerAdobe Reader/Acrobatといったソフトウェアの脆弱性を悪用し、Webサイトを閲覧するだけで感染してしまうタイプのウィルスの一種。「Gumblar」という別名もある。

このウィルスは、悪意あるJavaScriptが埋め込まれたWebサイトを閲覧させることで感染を広げている。

ウィルスに感染すると、検索エンジンGoogleの検索結果を操作し、悪意のWebサイトを表示させる。このサイトをクリックすると、犯罪者たちの作成したWebサイトに誘導され、更に別の罠を仕掛けられてしまう。

また、ユーザーのFTPのログイン情報を盗み、ユーザーが管理するWebサイトの内容をアップデートするときや、感染の可能性を疑って確認しようとするときに、ウィルスは悪意のコードを仕掛ける。これにより、その後、感染したWebサイトを訪問する人たちに感染を拡大させるという特徴を持つ。

この他にも、セキュリティ対策ソフトの無効化や詐欺的セキュリティソフトのインストールなどの動作をすることが確認されている。

ウィルス感染を最小限に防ぐためにも、ソフトウェアの脆弱性を解消するためのアップデートやセキュリティ対策ソフトのウィルス定義ファイルを最新にするなど、基本的なセキュリティ対策を忘れずに行うことが大事である。特に、Adobe社製品を最新版に更新することを確認したい。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

Acrobat

GENOウィルス

Gumblar

JSRedir-R

  • セキュアデザインパターンとは
  • カテゴリートップへ
  • 【く】クリック危険 添付に注意