デジタルフォレンジックとは

「フォレンジック」(=forensics)には、「法医学」「科学捜査」「鑑識」といった意味があり、「デジタルフォレンジック」とは、簡単に言うと「デジタル鑑識」のこと。不正アクセスや機密情報漏洩などコンピュータに関する犯罪や法的紛争が生じた際に、原因究明や捜査に必要な機器やデータ、電子的記録を収集・分析し、その法的な証拠性を明らかにする手段や技術の総称のことである。

マサヤ
パソコンやサーバ、ネットワーク機器、携帯電話、情報家電など、デジタルデータを扱う機器全般が対象になるんだそうだ。
イッセイ
これは例えば、万一、個人情報が流出した場合の損害を、最小限に抑えるための対策の一つとも言えますね。
チエ
フォレンジックを行うツールは大きく分けて「コンピュータフォレンジック」と「ネットワークフォレンジック」、最近はデータベースに特化した「データベースフォレンジック」の3つに大別できるそうよ。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

デジタルフォレンジック

  • 増加するウェブアプリケーションへの攻撃
  • カテゴリートップへ
  • Windowsワームとボットネットとの関係性!?