BYODとは

BYODとは、「Bring Your Own Device」の頭文字をとったもので、企業などで社員が私有の情報端末を持ち込んで、業務用に利用することを指す。普段から使う私物のスマートフォンやタブレット端末などから社内のシステムにアクセスし、業務を行うことを意味する。

従来は、業務で利用する情報機器は会社側が支給するのが一般的だったが、BYODにより、企業側には端末購入費や通信費といったコスト削減のメリットがもたらされ、利用者側には使い慣れた端末で仕事ができるというメリットがある。

こうした考え方が広まってきた背景には、スマートフォンやタブレット端末などをはじめとするモバイル端末の普及が挙げられる。これらのモバイル端末は携帯性に優れ、Webブラウザーやメール、様々な文書ファイルの閲覧などの機能が装備されている。このため、企業などではモバイル端末を積極的に業務に利用しようという動きが進んでいる。

また、震災以降、BCP(事業継続計画)の観点から、有事の際にも、業務が完全にストップしないよう、在宅勤務など、遠隔地から社内のシステムにアクセスし、一定の水準以上で業務を継続できるような仕組みを整備する要望も高まってきている。

一方で、BYODは、会社支給の端末と異なり、私物の端末内のアプリのインストール状況などを企業側でコントロールするのが難しいという問題がある。このため、ウィルス感染や紛失、盗難による情報漏えいなど、解決しなければならないセキュリティ上のリスクがある。また、通信履歴や保存したデータなどをどこまで会社側が取得・把握するかといったプライバシーとの両立の問題もある。

なお、BYODという呼称は、パーティーなどで「お好きな飲み物を持ち込み可能」を意味する「BYOB」(Bring Your Own Booze)をもじったものだ。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

ウイルス

スマートフォン

情報漏えい

  • 【K子番外編】U子のセキュリティはじめまして!Vol.12 チャットアプリはリスクを知り、正しく設定して安全に利用しよう
  • カテゴリートップへ
  • 2013年9月のIT総括