Exifとは

Exif(エグジフ、またはイグジフ)とは、デジタルカメラの画像の中に埋め込まれるデータの規格のこと。「Exchangeable image file format」の略称で、富士フイルムによって提唱され、現在ではほぼすべてのデジタルカメラに採用されている。

一般的なデジタルカメラだけではなく、ビデオカメラや携帯電話のカメラ等で撮影されたものにも記録される。Exifに格納されるデータは、撮影した日時やデジタルカメラの機種、絞り値、画素数、ISO感度、色空間といった情報で、画像データ本体の他に、サムネイル画像のデータも記録することができる。また、GPSを接続できる機器では緯度経度などを記録することもできる。

スマートフォンや携帯電話等のデジタルカメラには、GPSと連動させ撮影した写真に位置情報を付与する機能を備えたものがある。この機能をONにしたまま、たとえば自宅内で撮影した写真をインターネット上に公開すると、意図せずに自宅の位置等のプライバシー情報を特定される可能性がある。位置を特定されたくない写真をインターネットに公開する際は、事前に専用ツール(Exif情報削除ツール等)で位置情報を削除しておくことが望ましい。

Exifにより、データの管理や、機器同士の正しいデータ交換などが可能になる。例えば、Windowsのエクスプローラーなど、パソコン上で表示される撮影日時や画像の大きさなどのデータも、Exifを参照している。今日では、世界中の多くのデジタルカメラや周辺機器のメーカー各社がExifを共通規格として採用しており、異なるメーカーのシステム間で高い互換性を得ることが可能となった。

画像形式はRGB無圧縮方式やJPEG方式など複数の形式に対応している。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

GPS

デジタルカメラ

位置情報

  • 「Googleグループ」における情報漏えいに注意喚起
  • カテゴリートップへ
  • Mac OSユーザーが閲覧すると「身代金を支払うよう要求する」Webサイトが確認される