グラフ検索(Graph Search)とは

グラフ検索(Graph Search)とは、Facebookが2013年1月に発表した新機能のこと。「グラフ」とは、相関関係やつながりを意味する言葉で、グラフ検索では、Facebook内で公開、共有されている情報(人物、写真、場所、興味など)を検索する手段を提供するというものだ。

Web検索との違いは、検索キーワードに基づいて検索するのではなく、自由なフレーズ(「自分がいいね!やコメントを投稿した写真」「同じ大学に通い近所に住んでいる人」「友達がいいね!した特定の街のレストラン」など)で検索し、フレーズに該当するFacebook上の投稿内容(コンテンツ)が検索結果として表示される点だ。

現時点で検索できるのは、人物や写真、場所、興味(音楽や書籍、Facebookページなど)といったコンテンツで、プライバシーに配慮し、自分のコンテンツの公開範囲に含まれているユーザーに対してのみ、検索結果にコンテンツが表示される。

グラフ検索は、当面は限定ベータ版として英語(米国)でのみ公開され、今後、数ヵ月をかけて提供言語や地域を拡大していく予定という。

(英文)Facebookのプレスリリース
グラフ検索(Facebook)
グラフ検索のプライバシーについて(Facebook)
Facebook、新検索機能「グラフ検索」を発表 Googleと異なり"つながり"を重視(ITmedia)
米フェイスブック、「グラフ検索」ベータ版を発表(日本経済新聞)

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

Graph Search

グラフ検索

  • 2013年1月のIT総括
  • カテゴリートップへ
  • 「情報セキュリティイベント」を開催〜「情報セキュリティの日」にちなみ〜