ヒューミント(HUMINT)とは

ヒューミント(HUMINT)とは、人を介した情報収集、分析の専門領域のこと。もともとは軍事用語で、典型的なヒューミントとは、スパイを通じた諜報活動や捕虜等への尋問などであるが、国家間の紛争における諜報活動だけでなく、マスコミの取材活動、興信所の調査活動なども広義のヒューミントに含まれる。

なお、HUMINTは「human intelligence」の頭文字をとったもの。

情報セキュリティの領域では、企業の関係者を装って機密情報を聞き出そうとしたり、清掃員を装ってオフィスのゴミから情報を盗み出そうとする行為(スカビンジング)、あるいはネットワークの管理者や利用者などから、話術を駆使して盗み聞いたり、ショルダーハックを用いて情報を盗み見たりする「ソーシャルエンジニアリング」の手口がヒューミントに分類されることがある。

なお、政府や組織の公式発表(プレスリリース)、マスメディアによる報道、インターネット、書籍や雑誌、電話帳などのように、一般に公開され利用可能な公開情報を情報源に、機密情報を収集する専門領域のことをオシント(OSINT)と呼ぶ。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

ショルダーハック

スカビンジング

ソーシャルエンジニアリング

情報漏えい

機密情報

  • 2014年8月のIT総括
  • カテゴリートップへ
  • IPAが悪意ある「非公認アプリ」に注意喚起