IoT(Internet of Things)とは

IoT(Internet of Things)とは、パソコンなどの情報、通信機器だけでなく、世の中の様々な「モノ」がインターネットに接続され、相互に通信、制御などを行う考え方や技術のこと。「モノのインターネット」などと呼ばれる。

IoTという言葉は、無線IDタグの専門家であるケビン・アシュトン氏が1999年に初めて提唱したといわれる。のちに同氏がマサチューセッツ工科大学で共同設立した「Auto-ID Center」で、微小な無線チップにより人やモノを識別・管理する「RFID」という規格が標準化された。

IoTでいうところの「モノ」とは、パソコンやスマートフォン、情報家電などのようにIPアドレスを持つもの、IPアドレスを持つセンサーから検知可能なRFIDタグ等を付けた商品、あるいは、IPアドレスを持った機器に格納された情報などである。

具体的な利用シーンとしては、自動車の位置情報を集計して、リアルタイムな渋滞情報を把握するシステムや、電力使用量を通信回線経由で電力会社に送信することで、人力による検針作業が不要になる「スマートメーター」などが考えられる。モノに対し各種センサーを付けてその状態をインターネット経由で監視したり、インターネットを通じてモノをコントロールしたりすることにより、安全で快適な生活を実現しようとしている。

一方で、様々なモノがインターネットに接続されることで、不正にアクセスされるリスクが高まることも考えられる。IoTを実現するためには、モノに格納された情報を保護することや、モノを不正に制御されることのないような適切なセキュリティ対策が欠かせなくなるといえよう。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

IPアドレス

不正アクセス

無線チップ

脆弱性

  • 「OpenSSL」が深刻な脆弱性を修正した更新版を公開
  • カテゴリートップへ
  • POSシステムを標的としたマルウェア「ポセイドン」による攻撃を確認