ロジックボムとは

ロジックボム(logic bomb、slag codeとも)とは、マルウェア(悪意のあるプログラム)の一種で、指定されている時間になるなどの条件が満たされたときに、動作を開始し、そのコンピューターのメモリーやディスクの内容をすべて消去するなどの破壊活動を行うプログラムをいう。論理爆弾とも呼ばれる。

ロジックボムは、攻撃者が設定した条件が満たされるまでは、潜伏しているだけでまったく動作せず、条件が満たされたときにはじめて作動する。ロジックボムが作動すると、コンピューターの操作が不能になったり、コンピューターが起動しなくなったりするなど、致命的なダメージを受ける。サイバー攻撃に利用されることがある。

また、ロジックボムの中には、破壊活動を行う前に、データの盗用などをするものもある。

ロジックボムは、プログラムそのものを、メモリーや他のプログラムに転写したり、自動的に増殖したり、感染を広げたりといったウィルスのような特徴は持たないとされていた。しかし、最近では、このようなウィルスの特徴をもったロジックボムも現れている。

有名なロジックボムとして、「チェルノブイリ」と呼ばれるものがあった。チェルノブイリの原発事故が発生した日である4月26日に作動するようになっており、台湾や韓国などで大きな被害が出た。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

サイバー攻撃

チェルノブイリ

マルウェア

  • 楽天を偽装したサイトや迷惑メール等に注意喚起
  • カテゴリートップへ
  • IPAがクラウドサービスからの意図しない情報漏洩に注意喚起