パクツイとは

パクツイとは、Twitterにおいて、投稿されたツイートをそのままコピー、または自分が書いたように若干の変更を加え(盗用し)、再度、投稿すること。盗む意味の「パクる」と「ツイート」が組み合わされた「パクリツイート」の略語だ。

Twitter上にはユーザーが投稿したツイートがタイムライン上を流れていく。そこで見つけた第三者のつぶやきについて、それをそのまま複製したり、内容に若干のアレンジを加えたりするなどして、自分のツイートとして投稿する行為がパクツイである。

Twitterは、利用規約により「ユーザーのつぶやきを使用、コピー、複製、加工、改作、変更、発表、送信、表示、配付できる」と定めている。しかし、つぶやき自体は投稿したユーザーのものであり、知的所有権は当該ユーザーにあると明示している。Twitterには、第三者のツイートを、発信者と内容をそのままに、自分をフォローするユーザーに向けて転載する、「公式RT(リツイート)」という機能があるが、これは、上記のTwitterの定める規約の範囲内にある、Twitterの定める方法による複製行為であると考えられる。

しかし、パクツイ行為はオリジナルのツイートを投稿したユーザーの知的所有権を侵害する行為である。140文字という短い制限文字数のため、ツイート内容が似通ってしまう可能性はあるものの、パクツイ行為は厳に慎まなければならない。印象に残った誰かのツイートを自分のフォロワーに知らせたいというときは、自分の発言内容としてそのまま複製するのではなく、公式RTなどのTwitter社が公認する方法を使うことが推奨される。

特に、多くの人の目につき、「お気に入り」や「RT」されやすいような、「面白い話」や「写真」「イラスト」などが盗用される傾向にあり、Twitter上ではしばしば、その手のトラブルが話題になることがある。

Twitterは、「コンテンツ盗用に関するポリシー」の中で、どちらがオリジナルのツイートかという紛争については、Twitterは仲裁せず、当事者間で解決するよう定めており、盗用されたユーザーがヘルプページより著作権侵害の申し立てまたは当該ツイートの削除要請を提出することができるようになっている。また、Webサービスの中には、登録すると自分のタイムラインからパクツイを見つけだすことのできるサービスなどもある。

Twitterブログ: 利用規約を改訂しました
おいでよ パクツイの森 #パク森

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

Twitter

  • 「パスワード使い回しはNG」IPAが「パスワードリスト攻撃」の対策を呼びかけ
  • カテゴリートップへ
  • 【K子番外編】U子のセキュリティはじめまして!Vol.9 Facebookの「なりすましアカウント」に注意