公開鍵暗号とは

公開鍵暗号(public key cryptosystem)とは、公開鍵(public key)と秘密鍵(private key)と呼ばれる対となる2つの鍵を使って、データの暗号化と復号を行う方式のことである。

公開鍵暗号では、データを暗号化するために使う鍵(暗号化鍵)として、だれでもが入手できるように公開している公開鍵を用いる。反対に、暗号化されたデータを復号するために使う鍵(復号鍵)として秘密鍵を用いる。

公開鍵で暗号化されたデータは、公開鍵では復号できず、対になる秘密鍵でのみ復号することができるようになっている。また、公開鍵から秘密鍵を導き出そうとしても、膨大な時間がかかり現実的には不可能であるように設計されている。

公開鍵暗号でデータ通信をしようとする場合、暗号化されたデータを受信したい側(受信者)は、あらかじめ対になる公開鍵と秘密鍵を作成し保持している。このうち、秘密鍵は、完全に秘密にし、厳重に管理しなければならない。公開鍵は、データを送信しようとする側(送信者)がだれでも入手できるように公開しておく。

暗号化したデータを送信したい送信者は、まず、受信者が公開している公開鍵を入手する。次に、入手した公開鍵を使って、送信したいデータを暗号化する。この暗号化したデータを、受信者に対して送信する。

受信者は、その暗号化されたデータを、保持している秘密鍵を使って復号を行い、平文(元のデータ)に戻す。

このような仕組みであるため、不特定多数の送信者が暗号化したデータを送信することができ、その暗号化されたデータは、対となる秘密鍵を持っている受信者だけが復号できることになる。この特徴を生かし、Webでユーザーが個人情報やクレジットカード情報などを第三者に読み取られないように送信する際などに使われている。

公開鍵暗号を実現するための方式として、素因数分解の困難さを利用したRSA暗号のほか、エルガマル暗号(ElGamal暗号)、楕円曲線暗号(ECC)などの方式がある。

セキュリティ用語解説 暗号の2010年問題とは

【関連製品またはソリューションのご紹介】
PKIシステムソリューション Entrustシリーズ
PKIをベースにした高度な暗号技術により、強力なセキュリティシステムを実現する、セキュリティ管理ソフトシステムです。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

個人情報

公開鍵

復号

暗号化

秘密鍵

  • 2014(平成26)年のネットバンキング不正送金被害額は約29億円と過去最悪(警察庁)
  • カテゴリートップへ
  • サイバーセキュリティ基本法とは