シグネチャーコードとは

シグネチャーコード(signature code)とは、プログラムコードの一部分で、そのプログラムに固有なコード、あるいは特徴的なコードのことである。シグネチャーコードによってプログラムを識別することができ、セキュリティ対策ソフトで既知のウィルスを検知するために使われている。

ウィルス検知の手法の一つであるパターンマッチング法では、あらかじめ既知のウィルスのシグネチャーコードをウィルス定義ファイル(パターンファイルなどとも呼ばれる)に記録しておき、検査対象のコードの中に、既知のウィルスのシグネチャーコードと一致する部分があるかを調べることで、ウィルスを検知している。

セキュリティ対策ソフトの開発元では、新たに発見されたウィルスのシグネチャーコードをウィルス定義ファイルに追加するため、ユーザーはウィルス定義ファイルを常に最新のものに更新する必要がある。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

セキュリティ対策

パターンマッチング法

プログラムコード

  • ヒューリスティック法とは
  • カテゴリートップへ
  • IPAが「2014年度情報セキュリティに対する意識調査」報告書を公開