SSHとは

リモートコンピューターにコマンドを入力するためのシェルを利用する際の通信を安全に行うためのプロトコルである。SSHは、Secure Shellの略である。

リモートコンピューターのシェルを利用するためのコマンド(プログラム)として、telnetやrsh、rloginなどがあるが、これらはパスワードを含めたすべての通信が平文で行われるため、これらを代替し、すべての通信を暗号化するために設計された。
SSHと記載した場合、telnetやrsh、rloginを代替したコマンドを指すことが多いが、SSHのプロトコルを使って、リモートコンピューターにファイルをコピーするコマンドrcpを代替するscp、リモートコンピューターにファイルを転送するコマンドftpを代替するsftpなどもある。

SSHにおける暗号通信は、共通鍵暗号と公開鍵暗号を組み合わせて利用するハイブリッド暗号方式を採用している。

SSHのバージョンとして、SSH1(通常は、バージョン1.5が使われる)とSSH2(バージョン2)が存在している。SSH1には脆弱性が発見されているため、SSH2の利用が推奨されている。

SSHを採用したソフトウェアは、オープンソースで開発されているOpenSSHなど、複数存在している。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

リモートコンピューター

公開鍵暗号

共通鍵暗号

暗号通信

  • サイバー犯罪条約とは
  • カテゴリートップへ
  • 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)とは
あなたへのオススメ
2009年8月19日
DNSSECとは
2009年2月19日
暗号の2010年問題とは
2007年7月 4日
双方向認証とは